エチオピア産地視察:コーヒーセレモニー

2006年11月25日

コーヒーセレモニー体験

今回買い付けることになりました現地輸出会社のコーヒー担当のyeneshさんには本当に色々お世話になりましたパーティ全員

また週末には自宅のパーティーにもご招待いただき本当にありがとうございました。

ご当地の珍しい食事やバーベキュー等のもてなしを受けエチオピアでのよい思い出になりました。

 

 

 

 

 

中でも私にとって一番のご馳走はパーティの中でもてなしを受けたコーヒーセレモニーは感動です。セレモニー1セレモニー2

庭に萱のような青草を撒きその上に小さなコーヒーカップをのせる台を置きカップを並べます

おこした炭を別の香炉に少し入れ香をたきながら火鉢の中に炭火を起こしフライパンのようなものに生豆を入れてまず焙煎からはじめます。

煎りあがったらしばらく地面に置き冷ましてから、粉にしたものを専用のポットに水とコーヒーを入れてそれを火鉢の上に直に置き沸かします。

湧き上がったら。少しポットに沈殿させてデミタスカップに順番に次分けます。

このセレモニーはその後もホテルや空港でも受けることが出来ました。セレモニーホテルセレモニー空港

 

 

 

 

 

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  


キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 18:03

エチオピア産地視察:輸出業者訪問

2006年11月24日

アジスアベバ市内にある輸出業者を訪問します。

 日本でもおなじみのモプラコ社を最初に訪問しました、この会社は日本向けに多くの原料を輸出しています毎年日本にも来ているようで日本通です。

友人も沢山いるようです。

ナチュラルの最大の産地ハラーにも処理場があるそうですが市内の施設を訪問しそのスケールに驚きました工場の中もきれいに整頓されていて明るく何より働いている人が礼儀正しくキチット教育がされている印象でオーナーの考え方や人柄が感じられます。


ャ二工場ャ二工場2ャ二工場3

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のディナーに招待され応じることにして別れました。

ディナーはアジスで一番景色のよいトップビューというレストラン

ここでャ二さんのコーヒーに対するこだわりを色々聞かされました中でも印象に残ったのがナチュラルのコーヒーを焙煎する前に一度水で洗った後水を切ってそのまま焙煎するとクリアーできれいな味に仕上がるというのです、また焙煎も水分を含ませるとうまくいかないのではと質問すると逆に水分を含ませることで内側からゆっくりと熱を吸収するのでよいという話です。

まずは一度トライしてみろと又浅煎りと深煎りをブレンドもよいというのです、興味を持ったので今度実験してみます。

ャ二さん本当にコーヒーを楽しんで扱っている様子も伝わってきました結構商売人かも?

 ャ二さんと撮影

 

 

 

 

 

 



 

 

アンバサ社を訪問:

こちらの会社も日本向けに結構輸出しているようです取り扱いはエチオピア全エリアのものをオークションなどで入手し扱っているようです。

日本で見かけたマタイが倉庫にありましたオーナーのDEGU ASSEFAさんにお話を聞き施設を案内いただきました、こちらの施設もほぼ同じような形態で多くの人手により選別されていますが一部電子選別機なども使用しています。

アンバサ看板選別機社員記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

アンバサ役員214
事務所の入口で記念撮影、挨拶して失礼するつもりでしたがここでも食事を誘われました次の日の昼食を一緒にとの約束をし後にしました。

やはり輸出業者も日本から来ていると言うことで売込みに積極的です当方としても少しでも情報がほしいので誘いに応じています。


あと数社を訪問し、設備の見学と話を聞きましたが各社ほぼ同じような様子でした。
それぞれの会社の得意なエリアや特色はあると思いますが、今回の視察ではそのあたりまで踏み込むことは少々時間が必要だと感じました。
一度あっておけば、日本からのコンタクトも容易となりますので、
次回の課題とし、今回の反省とします。

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

 

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 19:11

エチオピア視察:イルガチェフ・ホマー

2006年11月23日

イルガチェフ・ホマー
今日はイルガチェフのホマーの集荷場を訪問します。
オロミや農協が管理する水洗処理施設のある乾燥所はシダモエリアの中で昨日訪問したシダモに8箇所今日向うイルガチェフに10箇所有るそうだ農協のマネージャーのdegu assfa氏が今回同行し詳細に施設の案内やこの地域の農民とのかかわりなど紹介いただきながらの視察となりコーヒーの生産から出荷までの確認が出来る視察となりました。

早速出発ですレスワンホテルホテル前167

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから1時間半ほど舗装道路ですが、このあたりから山の景色も変わりバナナの木や高木の森林となり、よく見ると木々の下にコーヒーの木が沢山自然林と同じように生えています。

途中わき道に入り集荷場に向いますが道路は舗装されてなくここも昨日雨が降ったようでぬかるんでいます

ジープ173ジープ1744輪駆動のジープも低速に設定しチャレンジしましたが途中でやはりクラッシュしてリタイヤ3台で向ったのでここに1台置いて応援を呼ぶ事とし2台に便乗して向いました

 

 

 

ここはすでに集落の中に入っていてハットと呼ばれる民家が点在しています、まだ水も電気もないそうです。
小さな住まいにどうやって生活しているのだろうか?

チョット想像しがたいですが、見た感じでは昔からこれで生活しこれはこれでうまくいっているのではと勝手な解釈をしながら、この環境はコーヒーにとっては本当に自然な形で収穫され化学肥料や農薬とは無縁の自然コーヒーといっても過言ではないと確信しました。

車を降りたついでに民家の写真を取り私もついでに記念写真を1枚

民家160民家162私188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民家の周りにコーヒーの木がありこの辺りの農民は庭先で収穫したコーヒーを

集荷所持ち込みます。民家192

豆出荷136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手で丁寧に広げます   広い乾燥場の全景    棚の下は網よく乾きます棚干作業175棚干2棚網                                                    

 

 

 

 

 

 

 



到着して驚いたのは見事に整備された集荷所に整然と並ぶ乾燥棚、今日は天気がよいので
いっぱいのコーヒーが干されて多くの人が棚に向って手作業でよく乾燥するように混ぜながら広げています。水洗処理施設は昨日のシダモとほとんど変わらない設備でこれもよく管理されています処理豆145子供たち150

 

この施設には学校も併設されていて今日は子供たちも手伝っています、私たちが近つくと人懐こく集まってきます日本から持ってきたお菓子などをプレゼントし大変喜ばれました。

 

ここで収穫されたばかりのパーチメントコーヒーをサンプルに持ち帰り商社のテスト室で焙煎しカップテストする事とし作業場を後にしました。

 記念撮影

 記念撮影185

 

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 13:25

エチオピア視察:水洗処理場

2006年11月22日

水洗処理場と乾燥棚

いよいよシダモのエリアの最初の出荷場に出発します。
チョット雲行きが怪しくなってきました、急がなければ雨が降れば山は舗装がしてないのでジープでも入れなくなると急いだのですが、やはり山に入るにしたがって雨がポツポツ・・・
例年なら今の時期ほとんど雨は降らないそうですが、やはり今年は少し多いようです。


到着雨


なんとか水洗処理と乾燥棚のある集荷所に着いたときには、かなりの雨となったのですが、作業は続いていました。

乾燥棚は雨に濡れないようシートで覆ってあり、また棚は底の部分が網になっているので、これなら少々の雨には問題なく処理できると逆に雨ならではの管理が確認できました。
これが地面で干している場合だと大変です。

また棚はコンパクトで、2人で持ち上げれる大きさなのでこれも管理がしやすい要因でしょうか。
雨も少々強くなってきましたので、今日は一先ずホテルに引き上げ、明日は朝からイルガチェフのホマーの集荷場を訪問します。

 

 

果肉を除去するパルピングマシーンパルピング

 

 

 

 

 

 

 

 

棚棚ハンドピック

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでも丁寧に欠点豆をハンドピクシながら広げています

 

 

タンク発酵層水洗い









発酵槽で滑りを取りきれいに流水で洗い流します。

パーチメントの状態になったものを、上記のようにハンドピックをしながら水気を切って、乾燥棚に運び、さらに手でかき混ぜながら乾燥させます。

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 17:59

エチオピア視察:産地道中

2006年11月22日
20061122
エチオピア産地までの道のり

11月8日、早朝700出発いよいよ今日は今回の最大の目的であるシダモ、イリガチェフの産地及び水洗処理施設と乾燥施設の視察に向かうためホテルを7:00に出発南部の首都アワッサawasaにお昼までに到着の予定で出発しました。

国道1号線(舗装道路を)目的地まで約300kmをジープ3台で南下途中moijを右折しさらに進みます、このあたりからの景色はやはりアフリカだと思わせる景色が続きます、草原に木がポツポツとランダムに生えています。

町に近つくと人や動物が多くなり道路を人や牛、ヤギ、馬車などが横断したり、併走するので危険です。でもさすがに地元のドライバーは慣れたものでクラクションを鳴らしながらどんどんスピードアップします。

平原を4時間あまり南下し、アビシニア高原を実感しながらアワッサに近つくにつれ、景色も変化して近くに湖のあるエリアではエチオピアの主食である「インジェラ」と言う食べ物の原料テフ畑が見渡す限り牧草地のような感じの畑をほとんど人手で収穫していました。

途中で1台だけ大きなコンバインを見かけましたが逆に驚きました。

まだまだ機械化には時間がかかるのかなと思いながら何とか第一ポイントのアワッサbilaに昼過ぎに到着ホテルawasapinaで昼食をとり一安心、

話は少しそれますが、実は朝ホテルで先ほどの「インジェラ」をこちらの主食との話でチャレンジしましたが、チョットこれがきつくてお腹の調子が悪くここでは遠慮しサンドウイッチで済ませコーヒーを注文しました。

ホテルやレストランのコーヒーはほとんどエスプレッソでの抽出で、ソロかマッキャートを注文、シュガーポットいっぱいの砂糖と一緒にテーブルに出てきます。

コーヒーの味はさすがにコーヒーの国らしくどこに行ってもはずしは無く、結構納得できる味です。1杯1ブル(日本円で約14円)

ソロマッキャートバール








  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 10:01

エチオピア視察:精製工場

2006年11月18日

品質検査&精製処理
工場入庫オークションで競り落とした原料豆を、大手の輸出業者は自社の精製工場で処理し、各国のコーヒー業者のオーダーに合わせて処理し輸出しますが、多くの業者はこの品質検査場と処理場を使用します。
各地から入荷した原料豆をこの工場で、各ロット単位で石や凶雑物を色々な選別機を使用し削除していきます。まず最初に石やほこりなどを粗選別します。


選別 1選別 2さらに風力で浮かせながら比重選別により細かく選別されて、未成熟豆や凶雑物豆のサイズ別に選別され、ほとんどの異物は取り除かれていきますが、機械ではどうしても取れない異物を手作業で取ります、この作業で品質が大きく変わります。
多くの作業員で一粒ずつ手作業で取っている様子は圧巻です、一つのコンベアーに50人位左右に並んで手作業で取っていきますが、コンベアーが20列ほど並んで入るのですから、驚きです。手選別手選別2

 

 

 

この作業では、コンベアーの停止時間を長くすることで作業の精度を上げていきます、グレードの高いコーヒーほど時間をかけて選別します。

サンプルロースト最終検査はやはり味の確認です。
出来上がった製品をテスト焙煎し審査員がテストしていきます。

 


出来上がったサンプル単位で、香り・ボディ・酸味・苦味の特徴を確認し記録していきます、私もテストに参加させていただきましたが、今年のカップはかなり期待できそうです。
今回各エリアのサンプルを準備していただいたものを比べましたが、やはり当初より買付け予定にしていたエリアのサンプルが一番気に入り、明日よりの現地視察が楽しみになりました。

カップサンプルカップテスト

 

 

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 12:52

エチオピア視察:オークションセンター

2006年11月18日

オークションセンター入口オクション入口
オークションセンターを見学に行ってきました、
エチオピアコーヒーのほとんどはここアジスアベバへ仲買人の手によって運ばれ、ここで競りにかけられます。
コーヒー輸出業者が各産地のロットサンプルを確認して、ここで入札し落札するのです。
オークションセンターに入ると、入口からサンプルがずらりと並んでいます。
産地別精製処理の仕方などきちっと区分けしてあり、入札者がサンプルを見、メモを片手に次々と落札されている様子は日本の市場と同じです。
入札風景
入札風景会場に入ると大きな声で競り合い熱気に包まれています、今から収穫に入り益々にぎわうことでしょう。
輸出業者にとって一番の難関です。
ここでの買付け次第で利益や品質が左右されるからです。


サンプル豆サンプル豆サンプルを確認

 

 

 

 

担当者は真剣にサンプルを確認し入札に参加します。

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 10:59

エチオピア視察:2

2006年11月17日

エチオピア視察:2
エチオピア事務所エティオピア・アジスアベバ2日目午前中、今回お世話になる商社の事務所に立ち寄りスタッフに挨拶した後、コーヒーを担当しているマネージャーのyenesh aemissieさんと産地情報を交換し、明日よりのスケジュール打合せ後、早速今回視察のエリアを管理しているoromiya coffee coop uniomの事務所を尋ねる事となり、すぐ出かけることになりました。

オロミア事務所

オロミや農協の事務所訪問し、general マネージャーのdegu assfa氏と面談・・産地事情を確認しました、今年は雨季が長引き収穫が遅れているとの事でした。通常なら今の時期は乾季に入り、雨はほとんど降らないようですが今年は雨が多いとの話でしたが品質には影響が無いとの話です。
収穫は始まっているようなので今回買い付け予定の産地の見学をお願いした所、自ら案内していただける事になり、現地までは舗装道路約5時間・未舗装道路をジープで3時間程かかるとの事で、早朝出発の予定を約束し事務所を後にしました。


午後よりアジスアベバ市内のオークションセンターやコーヒー精選工場の見学に向かいます。
続きはまた

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 10:29

エチオピア産地視察::1

2006年11月16日

エチオピアホテルエチオピア産地視察
ホテルに到着しまずは一安心出発前に得ていた情報から特に驚きはありませんでしたが想像以上のところでした、写真は今回泊まったシェラトンです。
写真を見ても分かるように日本のホテルと変わりませんただここだけ別世界で、町へ出ると日本では考えられないような状況です。
街中の幹線道路は舗装されていますが少しわき道はまだ未舗装です、歩道の境界も無くうかつに歩いていると危険です歩行者も平気で道路を横断するし車の運転もかなり過激です。
当日は今回お世話になる商社の自宅で夕食をご馳走になり、色々情報を入手し翌日よりの視察に備えました。
今回視察の予定はコーヒーの流通過程を確認しエチオピア一番のスペシャルティコーヒーの産地シダモ、イルガチェフの産地に足を運びます。町並み2
アディスより舗装道路を8時間未舗装道路4時間の予定です。
続きはまた

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 12:53

エチオピア買い付けに行ってきます4

2006年11月05日

エチオピア買い付けに行ってきます
産地人気商品の「アビシニア・モカ」「イリガチェフ」ニュークロップの買い付けに行ってきます。
10日間のハードスケジュールですが、コーヒー精製所や農協産地の視察シダモ、イリガチェフ農園訪問など出来るだけ多くの情報を得る予定です。
今回のコーヒーの入荷は早くても2月頃にはお客様にご案内できる予定ですがご期待ください。

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ

  

キャラバンサライブログのトップへ


◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


Posted by coeeff at 09:46