Narinoアルトデラスエストレージャス農園

2019年02月11日

Narino
AAA生産組合
アルトデラスエストレージャス農園

農園主は元市長でもあり組合員に信頼される指導者的な農園です。
ここの標高は2000mもあり一望できる農園は3年も経っているのに小さな木が多い、畑に入り話を聞いてみると標高が高く生育に時間がかかるようでさらに木の成長の仕方も違います、新芽がある程度出た時に寒さや強風にあい新芽が枯れまた芽がでる、繰り返すことで小さな枝が密集してでてきます土の栄養分はしっかり吸収するのに実が少ないさらに昼夜の寒暖差があり熟すのに時間がかかります、結果熟度の高い甘い実ができます、贅沢なコーヒーが収穫されることになります。 
ラスカノアス農園15ラスカノアス農園13
農園種の自宅から傾斜のある畑を見下ろすことができます。
ラスカノアス農園17ラスカノアス農園16
枝が密集したコーヒーの木実も大きく膨らんでいます。
ラスカノアス農園14ラスカノアス農園18
少し遅いランチもご馳走になりました、
アルトデラスエストレージャス農園いアルトデラスエストレージャス農園あ





 



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22