コスタリカで見たマイクロミル

2016年03月12日
コスタリカで見たマイクロミル
マイクロミルとは
収穫されたコーヒーチェリーを農園単位で果肉除去、水洗処理、乾燥、までの工程を全て行なう施設
日本で言うマイクロロースターのように自分で焙煎し販売まで責任を持って行なう生産者のような物。
コスタリカではいまマイクロミルを持った生産者が急増しています。
今ではコスタリカは高品質なコーヒーを生産する事で世界的に知られており生産量の50%がスペシャルティコーヒー市場に供給されています。尚1992年からアラビカ種のみの栽培が法律により定められています。
DSC09726DSC09793

DSC09787DSC09783
DSC09776DSC09774
またコスタリカは常春の国として、観光客に人気でそのため国を挙げて環境と自然の保護に力を入れています。コーヒーの加工プロセスも環境に配慮した、コーヒーミルの改造にも多くの投資をしコーヒーの水洗処理の排水を減らし、環境負担を大きく減少させる事に成功した。
一方日本と同様に経済成長に伴い、労働コストの増加農業離れが進んでおり高品質高価格の認証コーヒーやスペシャルティコーヒーに力を注いでいる。
そんな中注目されているのがマイクロミルという形態で100を超える農家や農園が小規模の水洗処理、乾燥設備をもち最新の技術や機材を取り入れる事で農園、品種、精製方法を指定したマイクロロットを作ることができる 。
DSC09507DSC09527

規模は小さいが農園から近く、生産者がきめ細かく精製行程を行なっている、その農園の土壌や気候が生み出す独特なテロアールが発揮される。
今回の視察では 生産者の顔の見えるスペシャルティコーヒーが届けられる、素晴らしいシステムであるとの印象を持ちました。

キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


この記事へのトラックバックURL