下坂さんにお会いしました。

2009年09月06日
simosaka

先日ブラジルに農園視察に行ったとき、
サプライズで下坂さんにお会いしました。
出発前には何の予定もしてなかったのですが、
私たちの泊まっていカンピ−ナスまで下坂さん何と
車で800km一人で運転して会いに来ていただきました。
感激です。

私が初めてブラジルの農園視察に行ったのが
下坂さんの農園でセラードにあります。
随分勉強させていただき、その後のコーヒー感が一変したのも
下坂さんのおかげでした。
メールのアドレスを教えていただき、今後また色々と
情報交換をお約束し、帰って来ました。

早速先日メールを頂きました。

 何処の国でも生産者は大変なのだと感じます。
 もっと大事にコーヒーを扱いこの大切な資産を継承していかなければと痛感し
 ています。
一部ご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
コーヒ生産者 経営も大きく変わりました。
  家族労働コーヒ生産者は精選コーヒ300俵前後が70%を占めます。
  それがこの数年 人件費 農薬 肥料の高騰で継続が困難な事です。
  大型化による機械化には国際相場の不安定が問題があります。
  何時の時代も問題はありますね。
 
  4年前1ドル 3.5ヘアイス 現在1ドル 1,8フェアイス ドル計算ですと
  良いのですがブラジルのお金になりますと半分になります。
  人件費 農薬 肥料は2倍以上 又規模拡大の倒産者も見られる様に
  なりました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキング 


キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


この記事へのトラックバックURL