コーヒー教室第5回

2009年06月15日

 

 

613日のコーヒー教室最終回は「焙煎」について取り上げました。

前回のコーヒーの苗木についてなど焙煎に至るまでの内容に引き続き、今回は実際に焙煎を行い実技がメインとなりました。

参加された方全員が焙煎の初体験ということでしたので、結果が楽しみのような不安なような・・・

 

手網焙煎を使用してコロンビアを浅煎り・中煎り・深煎りに煎り分けて飲み比べをしました。手網焙煎は15分程手網を振り続けますので結構疲れます・・。皆さんペアになった方と交替で焙煎されていました。なかには腕が痙攣されていた方も!?

大勢で同時に焙煎しますと部屋の中が煙でいっぱいです。しかしそんなことも気にせず初焙煎に集中されていた方は真剣でしたね。素晴らしい!皆さん上手に煎り分けました。

 

焙煎した豆をペーパードリップで抽出してもらいました。なんとドリップは皆さん経験済みでした、教えることはほとんどありません!(第2回に参加されたがほとんどでしたから・・)焙煎直後の豆は膨らみ過ぎるのですが、蒸らしのとき豆の膨らみ方の違いに皆さん気づかれたようで蒸らしを見た瞬間かなり驚かれていましたね。

 

飲み比べでは焙煎度合による味の違いを比べてもらいましたが、同じ豆でも全く違うコーヒーになることがわかってもらえました。皆さんコロンビアを美味しく焙煎されました。自分の焙煎した豆に愛着があったようでそれが一番美味しかったみたいです?

 

最後にわれわれの焙煎業務について少し触れて終了しました。今回の教室で焙煎の面白さと奥の深さがお伝えできればよかったと思います。少しでも皆さんのコーヒー生活のお役に立てればうれしいです。

ご参加いただいた皆さんありがとうございました!

 

 ◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキング



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22


この記事へのトラックバックURL