焙煎した豆の状態…

2007年01月25日

小松店より…

今月お初です。(^^ゞ

よくお店では、初めて豆を買われた方に「コーヒー豆は粉にして大体10日前後、豆で1ヶ月を目安に召し上がって下さい」と説明しています。

実際にどうなんだろう?と疑問に思う方がいるかもしれませんね。

個人的な所見もありますが、お客様の立場で自分がお店に入る前に感じた疑問も検証していこうかな…ということで、数回に分けて紹介していこうと思います。

今回は、豆の状態と保管についてです。

わかりやすいのは、深煎りの豆なので…イタリアンの豆を例にしましょう。

イタリアン焙煎当日の状態

まずは、焙煎当日の豆の状態です。

 

 

これが、1ヶ月経過すると…

イタリアン焙煎1ヶ月経過の豆

このように、油分が出てきます。

大体、3日ほど経過すると徐々に油分が出てきます。

1ヶ月経つとさすがに、テカテカですね。

なお、店頭に置いてある豆は、焙煎して1週間以内です。

 

保管は、冷蔵庫か冷凍庫で…と説明しています。

冷暗所であれば、問題ありません。

ただ、冷蔵庫には色んな食品がありますので、他の食品の匂いを吸収する恐れがあります。

それを避けるために、密閉容器に入れて保管した方が望ましいんですね。

以前、タッパに入れてたんだけど、変なにおいがする…などという相談を受けたことがあります。そんな経験ありませんか?容器を変えてみましょう。

次回は、「コーヒーっていつが飲み頃なんだろう?」の予定です。

よく焙煎したてがイイとか言われますが、実際どうなんだろう…そこから感じた疑問です。

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22