エチオピア視察:イルガチェフ・ホマー

2006年11月23日

イルガチェフ・ホマー
今日はイルガチェフのホマーの集荷場を訪問します。
オロミや農協が管理する水洗処理施設のある乾燥所はシダモエリアの中で昨日訪問したシダモに8箇所今日向うイルガチェフに10箇所有るそうだ農協のマネージャーのdegu assfa氏が今回同行し詳細に施設の案内やこの地域の農民とのかかわりなど紹介いただきながらの視察となりコーヒーの生産から出荷までの確認が出来る視察となりました。

早速出発ですレスワンホテルホテル前167

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルから1時間半ほど舗装道路ですが、このあたりから山の景色も変わりバナナの木や高木の森林となり、よく見ると木々の下にコーヒーの木が沢山自然林と同じように生えています。

途中わき道に入り集荷場に向いますが道路は舗装されてなくここも昨日雨が降ったようでぬかるんでいます

ジープ173ジープ1744輪駆動のジープも低速に設定しチャレンジしましたが途中でやはりクラッシュしてリタイヤ3台で向ったのでここに1台置いて応援を呼ぶ事とし2台に便乗して向いました

 

 

 

ここはすでに集落の中に入っていてハットと呼ばれる民家が点在しています、まだ水も電気もないそうです。
小さな住まいにどうやって生活しているのだろうか?

チョット想像しがたいですが、見た感じでは昔からこれで生活しこれはこれでうまくいっているのではと勝手な解釈をしながら、この環境はコーヒーにとっては本当に自然な形で収穫され化学肥料や農薬とは無縁の自然コーヒーといっても過言ではないと確信しました。

車を降りたついでに民家の写真を取り私もついでに記念写真を1枚

民家160民家162私188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民家の周りにコーヒーの木がありこの辺りの農民は庭先で収穫したコーヒーを

集荷所持ち込みます。民家192

豆出荷136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手で丁寧に広げます   広い乾燥場の全景    棚の下は網よく乾きます棚干作業175棚干2棚網                                                    

 

 

 

 

 

 

 



到着して驚いたのは見事に整備された集荷所に整然と並ぶ乾燥棚、今日は天気がよいので
いっぱいのコーヒーが干されて多くの人が棚に向って手作業でよく乾燥するように混ぜながら広げています。水洗処理施設は昨日のシダモとほとんど変わらない設備でこれもよく管理されています処理豆145子供たち150

 

この施設には学校も併設されていて今日は子供たちも手伝っています、私たちが近つくと人懐こく集まってきます日本から持ってきたお菓子などをプレゼントし大変喜ばれました。

 

ここで収穫されたばかりのパーチメントコーヒーをサンプルに持ち帰り商社のテスト室で焙煎しカップテストする事とし作業場を後にしました。

 記念撮影

 記念撮影185

 

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22