コロンビア農家の取組

2006年01月31日

最近日本やアメリカのスペシャルティコーヒー市場の要望に答えて、新しくコーヒーの木を植え付け意欲的に耕作する気運も盛り上がっています。
中でも生産性の上がる新種に植え変えるのではなく、収量が悪くてもスペシャルティコーヒーとして安定供給すれば、生産に見合った価格で取引出来る事を確信したようです。
丁度苗を新しく育成している所を訪問し取組の内容を見てきましたが、最近の他の産地ではあまり見られないティピカ種の苗を育てていました。この取組をみると、3年後5年後もこの地で同じ味を安定して供給出来る形が出来つつあるのかなと、期待が高まります。 

 

苗床1苗床2苗床3 











◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→
人気blogランキングへ



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22