畑の風景

2006年01月28日

集荷場を後にして早速畑に直行。
コーヒーの畑と言ってもブラジル等のように整備された物ではなく、農家の庭先で自然の木の下に植えられています。
最近よく耳にすることですが、昔の「コロンビアは美味しかった」ここの農園では20年以上新品種に植え変える事なく、昔のままのコーヒーの原木が存在していました。スペシャルティコーヒーを求めている者は誰もが捜している今や幻の原種ティピカ種がここにあったのです。 コーヒーの木3
くまなく山の中を見て歩きましたが、化学肥料や農薬を使用している気配はまったく見られません、これでは収穫も他の農場の半分しか収穫出来ないでしょう。
しかし「安全・安心」をキーワードとして原料を確保し製品作りをしている私達としては、これ以上自然で安心出来る物はないと確信しました。
後は毎年安定的に収穫するにはどのような方法が・・それが課題だ・・・ コーヒーの木2コーヒーの木1

 

 

 

◎コーヒー大好きという方は、ぜひ応援クリックを!→人気blogランキングへ



キャラバンサライブログのトップへ



◎ブログランキングに参加しています♪ぜひ応援クリックを!!! → banner_22